初心者こそ株式投資がよい

株式投資は難しいと考えてしまう人が多いです。
しかし投資初心者であるからこそ株式投資というものが一番おすすめできます。
たくさんの種類の投資がありますが、株式投資は初心者こそ、リスクを低めに投資をしていくこともできますし、大きく利益を出すことができることもあるので狙い目がたくさんあるのです。

まず定石的なことをやって行くと業績が良いメーカーを積極的に選ぶようにしましょう。バリュー投資というのが一番良いとされています。
業績が良い上でそれが株価にそれほど反映していない銘柄を狙って購入していくといつの日かそれが正しく評価された時に大きく利益につながるみたいなことが出来るわけです。

これが一つのやり方としてお勧めできます。実際、その企業がお買い得かどうかという指標もありますし、見つけようと思えばそんなに難しいことではないのですがなかなか素人には判断が困ることも多いです。

それに一つ二つのバリュー銘柄を購入したからといって、大きく利益が出るとか定期的な利益が期待できるというわけでもないので投資の醍醐味という意味においては、利益がちょくちょく入ってくる配当金狙いの方が初心者にとってはやりがいが出てくるのでお勧めできる様子が強いです。

さて、配当金を狙っていく方法ですがそれに加えて優待などを出しているところもチェックしておきたいところです。株で生活をしていこうとでも思っていない限りはあくまで本業は別にあり投資副業的な意味で株式投資をする人がほとんどです。

そうした人にとっては、もちろん儲けることができればそれが最上であるといいますが楽しみを得つつ利益を出すということを目指すのであれば普段使っている企業の優待などであれば楽しめることでしょう。

株式投資を初めてやる場合においてはガッツリと儲けようという意識を持つよりも的確にある程度の期間でわずかでもよいので頻繁に利益になるように、配当や優待を狙って楽しみを見出すようにするということが長く続けることになるでしょう。

注意しなければならないことはたくさんありますし、リスクがあるのも株式投資である以上仕方がないことではありますが、基本的には成長性のある企業の銘柄を選びましょう。

その上で普段から日常生活などにおいて利用している企業の優待狙いなどもしつつ、ということでいくつかの方向性で株式投資を楽しんで見ると良いでしょう。意外と楽しみを見出すことは投資では重要になります。

アメリカ株式で利益をあげよう

ネット副業の中にもいろいろなものがあるとされています。
その中にはせどり、ウェブライティング、プログラミングなどありますが、どれも自分が行動して働かなければいけないものだと考えられます。
これから紹介するアメリカ株式がいかに有能なもの中を紹介していきたいと思います。

まず日本の株ではなくどうしてアメリカの株なのかを解説しています。今、日本の企業を世の中で見るよりも、あきらかに、アメリカ企業が多いと思われます。例えば、携帯電話、パソコン、コーヒーなどにしても、アメリカ企業が至る所に目にすることがあります。
そのうえ、GAFAM(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフト)と呼ばれるこの5社だけで、日本の東証一部の全銘柄を集めても、この5社には時価総額が及びません。

それだけ、アメリカの規模が大きいだけでなく、開発費なども明らかに桁違いなので、日本企業は太刀打ちできません。このことから、日本企業に投資をするよりも、アメリカ企業に投資をした方が断然有利な方法だと考えられます。

よってアメリカ企業に投資をするのが、ベストな選択だと考えられます。しかしながら、どこに投資をしてよいのかわからないという人は、まずアメリカを代表する指標に連動するETFもしくは投資信託をおすすめします。

ETFとはExchange Traded Fund の略で、「上場投資信託」といい、一つの個別銘柄を買うのではなく、いろんな銘柄を分散して持つことができるものです。
簡単に説明すると個別のメニューを頼むのではなくセットの商品パックを買っているようなイメージです。上場投資信託は株式と同じように、市場が開いていればいつでも売買することができます。

投資信託は、ETFと同じようなものなのですが、好きな時に売ったり買ったりはすることができない商品です。補足で、信託報酬という別途手数料もかかるので、できるだけ信託報酬などが安い商品を購入することをおすすめします。

日本株では配当が年に2回しかもらうことができませんが、アメリカ株では配当が4回もらうことができるので、配当をもらう楽しみが増えます。

副業では、自分が動いて働かなければならないのですが、株を保有していれば、何もしていなくても配当金がもらえるため、不労所得があるます。これを増やしていけば、働かなくても済みようになるため、株式投資をおすすめいたしますが、投資は自己責任でお願いします。

未分類

Posted by admin