電話や訪問での契約勧誘の場合LPガス会社の同意なしで契約を解除することはできる

人々の暮らしには欠かせないのもガス、あらゆるシーンで使用をされています。
美味しい食事を調理するためのガスコンロをはじめ、1日の心身の疲れを取り去ってくれるお風呂、ガス温水床暖房やガスのファンヒーターなど威力を発揮する場は大変多いです。
そんなガスではありますがプロパンガス契約を交わしたものの、考え直してクーリング・オフはできるのかどうか気になります。

結論から言うとLPガス契約をしてもクーリングオフをすることが可能、理由は特商法の法律があるためです。
昔ながらのお付き合いでお世話になるガス業者なら信頼関係も厚いですが、電話や訪問での勧誘をプロパンガス契約で受けることもあります。

不意打ちで電話がかかってきての勧誘もありますし、訪問販売とはポイントメントセールスやキャッチセールスなどもそう、これらの勧誘方法の場合は全てクリーング・オフ制度が適用をされる対象となることです。

もしも契約を交わしたとしても契約をした側の通知だけで、LPガス会社の同意は必要ないままに契約を白紙に戻すことができます。
いったん契約をしてしまったために、解約金が発生をする心配をする事もありますが、解約金も不要であるのは特殊法により無条件で解約できるためです。

ですが少し気を付けるべき点はクーリング・オフが適用となるパターンであり、通信販売やお店のスタッフが常時スタンバイする店頭販売だと適用をされません。電話勧誘や訪問勧誘とは異なり、ネットを含む通信販売もお店での販売方法の場合も、本人の意思のもとで消費者はそこへ訪れるためです。

最初から契約意思があって出かける、もしくはサイトなどにアクセスをするため、契約は本人が希望をして行うということになります。
自分が望み訪れて選び決定をする、この一連の流れは不意打ちな勧誘の行為ではありませんし、取引に関しても消費者に大きな不利が発生をする可能性は低いです。
展開を考えても消費者に不利になることは考えにくい、そのためクーリング・オフ対象とはなりませんのでこの点だけは気を付ける必要があります。

契約を無かったものとするためには契約を交わしてから、8日間という期間が定められていますので、この期限を経過しないように取りやめることも必要です。
書面での通知をすればいいので思うよりも難しくはなく、早めの対処をするよにします。万が一8日を経過してもクーリング・オフ制度適用ということはありますが、通常通りの解約となると違約金が発生をするため注意が必要です。

未分類

Posted by admin